TEL.048-799-3875

〒336-0926 さいたま市緑区東浦和4-2-2 クレセントビル201号室

精神疾患を抱えた方のご家族へ

精神疾患を抱えた方のご家族へ

1.精神疾患を抱えた方の権利擁護について―これまでの経験から

これまでの執務経験の中で、ご相談に見えた方や民事、刑事事件の当事者で精神疾患を抱えた方が相当数いらっしゃいました。取り返しのつかない結果を招いてしまった方もいます。

事情は様々ですが、自助努力ではどうしようもない状況に置かれているという点は共通しています。しかし、一般的に言って、家族でさえも敬遠しがちな精神疾患を抱えた方の相談や依頼は避けられる傾向にあります。費やす労力に対して経済的な意味での採算(事業採算性)が取れないことが多いからです。

2.当事務所の方針

当事務所は、コア・バリューとして「共感と思いやり」を掲げており、相談者、依頼当事者の立場や気持ちに寄り添うことを志向しています。

精神疾患を抱えた方やそのご家族の支援を業務として積極的に取り扱い、専門業務と言える程にそのノウハウを蓄積していきたいと考えています。この分野には事業採算性という尺度では測れない価値があると信じるからです。

3.当事務所の対応

弁護士がサポートできることとしては、成年後見の申立て(財産管理と身上監護)や生活保護の同行申請などの手続きのサポートがあります。当事務所は法テラスと契約していますから、弁護士費用の支出が困難な方のサポートも可能です。

一方で、十分なサポートは弁護士だけでも足りません。そもそも、高度に発達した現代の精神医学の到達水準ですら解明されない症状に対して、法律の専門家に過ぎない弁護士だけで対応できようはずもありません。

精神医学の専門家や精神保健福祉士、地域の相談支援専門委員、地方公共団体の職員の方々との協力が不可欠です。

当事務所では、これらの専門家の方々と協力して精神疾患を抱えた方の権利擁護に積極的に携わっていきたいと考えています。当事務所は、適切な専門家の窓口に繋ぐ役割も果たします。

精神疾患を抱えた方のサポートにお悩みのご家族の方は、迷わずにご相談に見えてください。